ストレスによる肌荒れの症状と肌荒れを改善する方法

肌荒れの原因はさまざまありますが、その中でもストレスによる肌荒れは厄介ですよね。

日々の生活の中で知らず知らずのうちにストレスが溜まり、ふと鏡を見ると綺麗だった肌がかさつき、シミやくすみまで浮き出ていたということもあります。

この記事では、ストレスによる肌荒れの症状と、その改善方法についてご紹介します。

正しい改善方法を実践して、美肌を取り戻しましょう。




1. ストレスによる肌荒れの症状

ストレスによる肌荒れの症状にはどんなものがあるのでしょうか?

一般的には、以下のような症状があらわれやすいと言えます。

①ニキビ

ストレスが溜まると、肌の免疫力・抵抗力が低下して皮膚が弱い状態になります。

この皮膚が弱くなっているタイミングで、アクネ菌などの細菌が毛穴に入ると炎症を起こしてニキビが出来る事があります

基本的にストレスが原因の大人ニキビでも、ニキビに良い洗顔を利用する事で、毛穴を綺麗に維持できればニキビ予防が望めます

この他に、ストレスが原因でホルモンバランスが崩れると、ニキビが出来る事があります。

ホルモンバランスが崩れている事が原因のニキビは、生活環境を正す必要があります。

ストレスが原因のニキビの治し方についてはこちらの記事もご参考ください。

ストレスニキビができる理由とは?ストレスが溜まるとニキビができる、という人は自律神経が乱れていると考えられます。自律神経には...

② 肌のかさつき

肌のバリア機能が低下している可能性があります。

もともと、肌は乾燥を防ぐために適度な皮脂と汗が混ざり合うことで、自然な保湿クリームの役割をして肌の乾燥を防いで、肌がカサつくのを防ぎます。

しかし、ストレスによって肌のバリア機能が低下すると、皮脂の分泌が十分に行われずに肌が乾燥しやすくなり、カサカサ肌になることがあります

根本的な「肌のカサつき」を改善するためには、ストレスの発散が大切ですが、それと同時に「保湿」をしっかりと行うのが大切です。

正しい保湿の方法についてはこちらの記事もご参考ください。

「顔の保湿」「髪の保湿」「体の保湿」などなど、お店に行けば数多くの保湿商品が棚に並んでいます。また、雑誌やテレビでも保湿に関する情報...

③ シミ

ストレスを感じると、カラダが緊張して血流が悪くなります。

その結果、細胞に酸素や栄養が十分に送られにくくなります。

長期的にストレスを感じていると、アドレナリンだけでは対処できずに、長期的な働きをする男性ホルモンが分泌されるようになります

この男性ホルモンが分泌されるとシミの原因となるメラニン色素が生成されシミの原因になります

シミの原因についてはこちらの記事もご参考にしてください。

普段気にかけていても、いつの間にかできている「シミ」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?シミはある日突然ポンッとできたように感...

では、このような肌荒れの症状が出る原因となるストレスにはどんなものがあるのでしょうか。

一般的に次のようなものがあります。

  • 寒暖の差(季節の変わり目)
  • 紫外線
  • 大気汚染
  • 騒音
  • 花粉
  • 人間関係
  • 睡眠不足

ストレスが溜まると体には下記のような変化が起こります。

  • 自律神経の働きが弱くなる
  • 血の巡りが悪くなる
  • 肌へ十分に栄養が行きわたらなくなる
  • 免疫力の低下
  • 皮脂の分泌量が増える

また人間関係などのストレスの他にも、空気が悪い・タバコ・刺激の強い化粧品を使うなどもありす。

以上の事を踏まえて改善の方法をご紹介していきましょう。

2. ストレスによる肌荒れの改善方法

① 食生活を改善する

食生活の改善として、特にビタミンや大豆に含まれるたんぱく質を食事に取り入れるよう心がけてください

反対に食品添加物が多い食品は避けるようにしましょう

魚・野菜・大豆をとり入れた食事メニューが理想的です。

しかし、忙しい現代人にとっては中々バランスよく摂取するのは難しいかと思います。

そんな方にはスムージーがお勧めです。

多くの野菜や果物を手軽に摂取できる便利な飲み物です。

野菜であればトマト、ほうれん草などの緑黄色野菜を積極的に摂ると良いでしょう。

緑黄色野菜にはビタミンAやCが含まれ、老化の原因となる活性酸素を抑える抗酸化物質が豊富です。

また、果物であればレモンリンゴも抗酸化作用に優れています。

他にも、バナナオレンジは鉄など多数のミネラルを含んだバランスの良い栄養素をもっており、肌の新陳代謝を助けてくれます。

また、豆乳に含まれるイソフラボンにも抗酸化作用があるので、豆乳も混ぜて作れば、肌荒れ改善のスムージーの完成です。

朝食代わりやおやつなどで気軽に取り入れられる果物の中にも美肌に効果的なものがあります。

オレンジ・レモン・グレープフルーツなどの柑橘系はコラーゲンを作るのに必要なビタミンCが豊富に入っており、中でもレモンが一番ビタミンCを含有している果物です。

リンゴ、パパイヤ、イチゴは抗酸化作用が強い果物です。

バナナはビタミンB,C、カリウムを沢山含むので皮膚を健康に保つだけではなく、肌荒れの原因である便秘を解消する最強の美肌にいい果物です。

次に、肌にいいドリンク類としてミネラルウォーター・はと麦茶などがあります。

ミネラルウォーターは代謝を促す働きがあるので、美肌には必須の飲み物です。

はと麦茶は肌の栄養となるビタミンB群やナイアシンが多く含まれています。

ルイボスティーはシミやシワの原因となる活性酸素を除去する働きがあり、抗酸化作用を期待することができます。

抗酸化作用を持つ食べ物についてはこちらもご参考ください。

「活性酸素」「抗酸化物質」という言葉を美容や健康にくわしい方なら一度は聞いたことがあると思います。しかも、活性酸素は健康や美容に大敵...

※ 肌荒れは日々の生活で改善できる

肌荒れを改善するためにはビタミン類を多く含む野菜や果物を取り入れつつ魚なども上手に取り入れた食事をリラックスして食べることはとても重要です。

一食分の食事ではすべては賄えないかもしれませんが1日をトータルして出来るだけバランスの良い食事を心がけ、どうしても不足しがちな栄養素は野菜ジュースやサプリメントで補いましょう。

栄養素がそろうことで快眠でき、十分な睡眠を摂ることで肌のターンオーバーが乱れなくなり、古い角質と新しい角質が定期的に入れ替わることで、肌荒れが改善するという好循環になっていきます。

日々のちょっとした努力でストレス解消にもなりますし、肌荒れも改善できるので、高い化粧品を使う前に毎日の食事を見直して睡眠を摂ったほうがよっぽど安上がりですし効果もあります。

② スキンケアを見直す

ストレスが原因の肌荒れを起こしている場合は、お肌が弱い状態になっている可能性があります。

この為、朝の洗顔や入浴後のスキンケアを見直すというのも1つの改善方法です。

洗顔時のNG行為は、1日に何度も洗顔する、ゴシゴシこする、熱いお湯を使うことなどがあげられます。

熱いお湯を使うと肌の痒みが強くなります。

さらに高温のお湯は肌に必要な脂が落ちる原因となり、皮脂を取り過ぎて皮膚の乾燥を招く原因になるので、注意が必要です。

正しい洗顔の方法についてはこちらの記事もご参考にしてみてください。

「正しい洗顔ってどんなやり方なんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?洗顔とは、肌にとって必要不可欠なケアのこと。正し...

洗顔で毛穴の汚れもキチンと落としてたら、その後、化粧水や美容液、乳液、クリームなどを使って、保湿をして、肌が乾燥しないように心がけましょう。

● パックをする場合

パックには、クレイ、オイル、シート、泡、ジェル、クリームといろんな形状があります。

パックでのお手入れは、効果的な場合もありますが、長時間肌にのせている刺激やはがすときに摩擦によるダメージを与えることもあるので注意が必要です。

毛穴の汚れを取り除くタイプ・角質をはがすタイプは刺激が強いので、あまり刺激がないコットンにたっぷりと美容液や化粧水を含ませ、肌におくだけのコットパックがお勧めです。

パックを終えたら化粧水やクリームなどで保湿をし、水分を脱がさないようフタをするケアが必要です。

④ 良質な睡眠を心がける

特に、睡眠の質も大切です。

質の高い睡眠がとれれば、心身共にリラックスすることが出来てストレスの解消にも効果的です。

また、睡眠中にはお肌のターンオーバーによって新しい肌細胞も作られやすくなるので、肌の状態がよくなり、肌荒れ解消・改善効果も期待できます。

睡眠の質をよくするためには、お風呂は寝る1時間前に上がり、体が冷めて体温が下がってきたのに合わせ寝るといいです。

また、睡眠の質を良くする為には、下記のような事を取り入れたり気を付けたりすると良いです。

  • 風呂上がりのストレッチ
  • リラックスできる音楽を聴く
  • 部屋の電気を薄暗くする
  • 間接照明にする
  • テレビやスマホ・パソコンは見ない
  • 朝日をシッカリと浴びる

などがあります。

睡眠の質を高める方法については、こちらの記事もご参考にしてください。

たくさん寝たはずなのに疲れが取れない…という経験はありませんか?それは、睡眠の質が悪いのが問題かもしれません。実は、睡眠は長...

まとめ

最後に、肌荒れを起こしていると、どうしても無意識に触ってしまいます。

肌荒れを起こしている部分を触ると肌荒れが酷くなり、治りにくくなる可能性があります。

この為、肌荒れを起こしている部分は、触らない様にしましょう。

以上のような工夫をしてストレスによる肌荒れを改善していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: ごめんなさい!コピーはできません。