ピーリング石鹸の効果と使い方|肌質に合わせてピーリング石鹸を選びましょう

女優さんのような、いくつになっても白くツルツルのお肌は女性の憧れです。

しかしエステやクリニックでケアしてもらうとなると、どうしても時間や予算が問題になってきますよね。

「自宅で手軽に、そしてお財布に優しい価格でケアしたい」と考えたこともあるのではないでしょうか。

そんな時におすすめしたいのがピーリング石鹸です。

ピーリングとは古い角質を溶かすことで、肌のターンオーバーを正常に促すためにおこなう角質ケアの一つです。

ピーリングについてはこちらでも詳しく説明しています。
ニキビのピーリングって効果はあるの?|自宅でもできるピーリングでニキビケア

ここでは、自宅での洗顔だけでお悩み肌の改善に効果を期待できるピーリング石鹸についてご紹介しましょう。




1. ピーリング石鹸の効果とは?

一定の周期で表面の古い角質が自然と剥がれ落ち、その下にあった新しい角質へと生まれ変わる仕組みを「ターンオーバー」と言います。

美肌ケアやニキビ跡の治療の際によく目にする「ターンオーバー」。ターンオーバーが不調だと、せっかくの日々のスキンケアの効果が無駄になる...

ターンオーバーは28日周期で行われるのが理想と言われていますが、歳を重ねるごとに周期が延び、いつまでも古い角質が表面に残っている状態になってしまうのです。

ピーリング石鹸には、この古い角質を溶かしてターンオーバーが正常に行われるよう促す効果があります。

表面にある古い角質は、紫外線や乾燥といった刺激から体を守るために、硬く厚くなっていきます。

お肌のくすみや消えないニキビ跡も古い角質と一緒に取り除き、明るくてキレイなお肌が取り戻せるというわけです。

新しい角質は薄く柔らかいため化粧水や美容液が浸透しやすくなるという効果もあります。

2. ピーリング石鹸の成分

市販の石鹸に使われている主な成分として、「AHA」があります。

お肌に優しい天然由来の成分で、古い角質を柔らかくして取り除いてくれます。

AHAの中にもグリコール酸、リンゴ酸、クエン酸などがあり、最もピーリング効果が強いのがグリコール酸となり、多くの石鹸に配合されています。

同じAHAを配合した石鹸でも、商品によってその濃度が変わってくるので、表示をよく確認しましょう。

古い角質を取り除く成分としては「AHA」の他に「BHA」もありますが、薬事法では市販の石鹸に配合できる濃度に制限があるため、ピーリング効果はあまり期待できないと考えたほうがよいでしょう。

3. ピーリング石鹸の使い方

お肌の表面を溶かして美肌へ導いてくれるピーリング石鹸ですが、使い方や選び方を間違えると必要な角質まで取り除いてしまい、乾燥や赤みといったトラブルの原因となってしまいます。

自分の肌質に合った石鹸を、正しい方法で使うことがポイントになります。

ピーリング石鹸の使い方について、順番に見ていきましょう。

① 顔をぬるま湯で濡らす

まずは顔全体をぬるま湯でしっかりすすぎましょう。

肌が乾いている状態では石鹸の成分が十分に浸透しにくくなります。

また、事前にぬるま湯ですすぐことで余分な皮脂や汚れが流されて、ピーリング石鹸が古い角質を溶かしやすくなります。

② 石鹸をしっかり泡立てる

洗顔用の泡立てネットを使うと、簡単にモコモコの泡が作れます。

その泡を、比較的皮脂量の多いTゾーンや顎に乗せていきましょう。

③ 肌の上で転がすように優しく洗う

肌に乗せた泡を肌の上で転がすように、優しく洗います。

この時に手や指で擦ってしまうとお肌に負担をかけてしまうので注意しましょう。

口元や目元のお肌はとても敏感で、刺激を受けやすい箇所です。

なるべく泡がつかないように気をつけましょう。

石鹸の種類によっては、泡を顔につけたまま数分放置するものもあります。

説明書をよく読んで、正しく使うようにしましょう。

④ 最後のすすぎもぬるま湯で

ピーリングで古い角質のなくなったお肌はとてもデリケートなので、最後のすすぎもぬるま湯で行います。

髪の生え際や小鼻などにすすぎ残しがないよう、丁寧にすすぎましょう。

4. ピーリング石鹸の使用頻度

ピーリング石鹸は、商品によってAHAなどの角質を溶かす成分の濃度が違ってきます。

濃度が高いほど角質を溶かす力が強く、肌には負担がかかってきます。

石鹸の説明書にも使用頻度について記述があるとは思いますが、どんな石鹸でもまずは週に一度の使用から初めてみることをおすすめします

その後様子を見ながら、石鹸の記述どおりの使用頻度に近づけると良いでしょう。

使用後にヒリヒリしたり、赤みや乾燥が気になる場合はすぐに使用を中止して下さい。

5. ピーリング石鹸使用時の注意点

「早く古い角質を取り除きたい」と、ゴシゴシ擦ってしまうと、逆にお肌にダメージを与えてしまいます。

モコモコの泡で優しく撫でるように洗って下さい。

洗顔後のお肌はとても敏感で乾燥しやすくなっていますので、いつも以上にしっかり保湿を行う必要があります

また紫外線にも弱くなっているので、2〜3日は日焼けをしないよう対策をおこないましょう。

敏感になったお肌にすぐにメイクをするのも、注意が必要です。

寝ている間にお肌がゆっくり回復できるよう、なるべく夜に使用することをおすすめします。

また、石鹸によってはとても水に弱く溶けやすいものもあります。

浴室で使用する場合は置きっぱなしにせず、使用後によく水を切って乾燥した場所で保管すると良いでしょう。

6. ピーリング石鹸の選び方

ピーリング石鹸は、AHAの配合量によって合う肌質が違ってきます。

肌質に合った石鹸を選ぶようにしましょう。

肌質をチェックする方法についてはこちらの記事も参考にしてください。

最近よく聞く「肌質」という言葉。化粧品を選ぶ際にも、「敏感肌用」「乾燥肌にオススメ」など、いろんなところで目にしますよね。で...

敏感肌や乾燥肌

敏感肌や乾燥肌の方は、AHAが1%以下の弱いタイプを選びましょう。

普通肌

普通肌の方は4%くらいの石鹸を選びましょう。

オイリー肌

オイリー肌やニキビが気になる方は、5〜6%のものを使うと良いでしょう。

初めてピーリング石鹸を使われる方は、濃度の低い石鹸から試してみて下さい。

お肌に合わない石鹸を使い続けると、肌トラブルの原因となってしまうので注意が必要です。

濃度の低い石鹸は洗顔用、高い石鹸はかかとやひじなどボディー用と使い分けることもできます。

7. おすすめのピーリング石鹸

1. AHAクリアソープ

通常価格: 1,944円(税込)

皮膚の薄い日本人の肌に合ったAHA(フルーツ酸)のピーリング石鹸です。

植物性の石鹸素地にサトウキビ由来のフルーツ酸であるグリコール酸を5%配合。

毛穴の黒ずみ対策、鼻の角栓ケアはもちろん、顔から背中までのニキビ対策としてもお勧めです。

⇒AHAクリアソープの公式サイト

2. 薬用ニキビ専用洗顔石けんNonA(ノンエー)

価格: 2,940円(税込)

きめ細かく弾力のある泡で優しく洗顔できます。

グリコール酸が配合されていないので、お肌の弱い方でも安心して使えるのが魅力です。

使用した方からは「ニキビが改善した!」という声も多く寄せられています。

⇒薬用ニキビ専用洗顔石けんNonA(ノンエー)の公式サイト

3. クレンジングリサーチソープ

価格: 800円(税抜)

AHA(フルーツ酸)配合のピーリング石鹸です。

ドラッグストアやAmazonで簡単に購入できるのも魅力です。

⇒クレンジングリサーチソープの公式サイト

⇒Amazon|クレンジングリサーチ ソープ 100g
 

まとめ

ピーリング石鹸にもさまざまなタイプがありますが、大事なのは自分の肌質に合った石鹸を選ぶことといってもよいでしょう。

自宅でできるピーリングを活用して、しっかりお肌のケアをおこないましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: ごめんなさい!コピーはできません。