正しいクレンジングの方法|クレンジングの種類や手順・洗顔方法など

一日の終わりにメイクを落とすクレンジング。

ひと言でクレンジングと言っても、その中身にはたくさんの種類があります。

オイルやリキッド、ジェルなど「一体何が違うの?」と思われる方も少なくないのではないでしょうか。

もし、あなたが「とりあえずメイクがよく落ちればいい」となんとなくクレンジング料を選んでいるとしたら要注意です。

クレンジングの選択を間違えると、それが原因で肌トラブルを起こしてしまう可能性もあるのです。

この記事では、数あるクレンジングの種類と特徴からその選び方、さらに正しいクレンジングの方法までまとめてあります。

今使用しているクレンジングが自分に合っているのか、そしてやり方は間違っていないかどうかなどを確認しながら読み進めていきましょう。




1. クレンジングの種類

クレンジングにはたくさんの種類があり、それぞれに特徴があります。

ここでは大きく6種類に分類しました。

ご自身の使っているクレンジングがどんな特徴を持っているのかを確認しておきましょう。

① クレンジングオイル

その名前の通り油分がメインの成分です。

その上、メイクを落とす界面活性剤という成分もその他のクレンジングの中でも一番多く含まれています。

メイクは油性の汚れであるため、油分がたくさん含まれているクレンジングオイルは、メイクによくなじんで汚れを一緒に洗い流してくれます。

ウォータープルーフのような落ちにくいメイクであっても、しっかりと落としてくれるのが特徴です

しかし、同時に肌の油分も一緒に洗い流してしまうので肌をひどく乾燥させてしまう傾向があります。

乾燥肌や敏感肌の方が使い続けるとあっという間に肌トラブルが発生してしまうので注意が必要です。

② クレンジングクリーム

界面活性剤の量がすべての中で最も少なく、皮膚科医も勧めるほど肌に優しいクレンジングです。

肌への刺激が普通の保湿クリームと同じくらいでほとんどゼロに近く、肌の油分を一緒に落とすと言うこともありません。

さらにメイクも落ちやすく、オイルタイプに次いで2番目にメイク落とし効果のあるクレンジングといわれています。

クレンジングクリームはメイク落としとスキンケアを両立する「良いとこ取り」のクレンジングといえるでしょう。

また、クレンジングクリームは界面活性剤の力でメイクを落とすのではなく、クリームに含まれる油分をメイクに浸透させて浮き上がらせることでメイクを落とします。

クリームというテクスチャー(素材)が、毛穴やシワの隙間にまで浸透してしっかりメイクを浮き上がらせてくれるためメイクの落ちが良いのです。

そのため、クレンジングクリームを用いる際には時間をかけて浸透させる必要があり、オイルタイプなどと比べると時間と手間がかかるところが欠点といえます。

③ クレンジングリキッド

油分を含まず、水に界面活性剤を溶かしただけのクレンジングです。

水がベースなのでメイクとの馴染みが悪く、落ちにくいことがデメリットです。

さらにそのデメリットを補うために界面活性剤で皮脂などを落とす力を強めてあるので、肌へのダメージが大きくなっています。

刺激が強いので、敏感肌や現在肌荒れを起こしている人などは注意して使用しましょう。

油分で炎症を起こしてしまうなど、何かの理由でオイルを使えない人以外にはあまりオススメできません。

ナチュラルメイクの方など、すぐにメイクを落とし終わる場合であればデメリットも少なくなるでしょう。

④ クレンジングミルク

乳液タイプのクレンジングです。

その特徴はクリームとリキッドの中間にあたります。

メリットとデメリットがどちらも突出していないバランス型のクレンジングと言えるでしょう。

ただ、クリームタイプに近いものからリキッドタイプに近いものまで様々あるので、商品によって性質に幅が大きいクレンジングと言えます。

リキッドに近いクレンジングミルクなら当然肌への刺激が強くなりますので、「ミルク」という名前のイメージだけで肌に優しいものだと思い込んでいると大変危険です。

販売員の方などにきちんと確認して、どんなタイプのクレンジングミルクなのかちゃんと把握して使用しましょう。

⑤ クレンジングジェル

クレンジングジェルはクレンジングの成分によって分類されているのではなく、そのテクスチャー(素材)で分類されています。

クレンジング料をジェル状に固めたものをクレンジングジェルと呼びます。

そのため、もともとのクレンジングやテクスチャーの特徴によってクレンジングジェルの性質は全く異なってきます。

オイルフリーのものから逆にオイルが主成分のものまで幅広くありますので、自分の用途に合わせて選択する必要があります。

また、ジェルの形状にも種類があります。

クレンジング料にゲル化剤を混ぜゼリーのような半固体にしたものや、保湿剤を大量に入れることで粘性を出して練乳のような半固体にしたものがあります。

ただし、このようなテクスチャーの違いはクレンジングの性質にはあまり関係ありませんので、効果の違いを気にする必要はないでしょう。

⑥ クレンジングシート

クレンジングの中で最も肌にダメージを与える、もはや凶器のようなクレンジングです。

シートに含まれた僅かな量でもしっかりメイクを落とすために強力な界面活性剤が含まれており、肌へ容赦ないダメージを与えます。

同時に、シートという特性上肌への摩擦は避けられません。

過度な摩擦は角質層を傷つけ、肌トラブルの原因となってしまうので使用の際には充分に気をつけましょう

界面活性剤ではなくアルコールでメイクを溶かすタイプもありますが、高濃度アルコールは肌への刺激が強く肌荒れの人ではかなり染みて痛いほどです。

どちらにせよ、出先などほかにクレンジングの手段がない場合に使用する以外にオススメできるケースはありません。

2. 正しいクレンジングの手順

クレンジングは正しい手順で行うことで、メイクをしっかり落としながら肌へのダメージを最小限にすることができます。

ここでは正しいクレンジングの手順について見ていきましょう。

① まずは手を洗う

クレンジングばかりに気を取られて、いきなりクレンジング料を手に取っていませんか?

特に、帰宅してすぐにメイクを落とすときには、必ず初めに手を洗いましょう。

帰宅したばかりの手には埃などの汚れだけでなく細菌類など肌の天敵がたっぷり付着しています。

その汚い手でクレンジングを始めては、どれだけ丁寧にクレンジングをおこなっても逆効果です。

まずは手をしっかり洗ってからクレンジングを始めましょう。

また、クレンジング料によっては水気がNGの場合もありますので、手洗い後は水気をしっかりとることも忘れずに。

② メイクの濃い部分は先に落とす

マスカラや口紅など、しっかりメイクをしている部分は先に専用のポイントメイクリムーバーなどを使って軽く落としておきましょう。

リムーバーはコットンなどに染みこませてメイクを落としたい部分に1分ほど乗せておくだけで、メイクが浮いてきてほとんど擦らずに落とすことができる優れものです。

その後に、顔全体のクレンジングを始めましょう。

クレンジング料は肌に乗せている時間、肌にダメージを与えているとも言えます。

特に目元や口元は皮膚が薄くダメージを受けやすいので、濃いメイクを落とそうとクレンジング料を長時間つけておくのはよくありません。

あらかじめある程度落としておき、短い時間でクレンジングを済ませられるようにしましょう。

③ クレンジング料はTゾーンから乗せる

クレンジング料は皮脂の多いところや皮膚が厚く強い部分から乗せていくのが原則です。

Tゾーン(おでこ+鼻)は皮脂の分泌が多く比較的皮膚の厚い部分なので、クレンジングはここから始めましょう。

それから両頬から顎にかけてのUゾーンにうつり、皮膚の薄い目元や口元は最後に乗せます。

部分的に肌荒れが気になるところがあれば、そこもなるべく後回しにすると良いでしょう。

また、クレンジング料を乗せるときは指の腹で優しく円を描くように馴染ませていきましょう。

さらに、最初にクレンジング料を手に取ってしばらく手で温めてから始めると、メイクとの馴染みが良くなり落ちやすくなります。

④ ぬるま湯で洗い流す

体温よりやや低いくらいのぬるま湯で洗い流します。

「少し冷たいかな」と感じるくらいのぬるま湯がベストです。

熱いお湯の方がクレンジング料をすぐ流せるのは確かですが、同時に必要な皮脂も流れてしまいクレンジング後の肌の乾燥の原因になってしまいます。

逆に冷水で洗い流すとクレンジングの油分が十分に流れず、流し残しによる肌トラブルが起こることがあります。

ぬるま湯で洗い流す時も、決してゴシゴシ擦らずにお湯のしぶきで流すようなイメージを持ちましょう。

⑤ 最後に洗顔をする

クレンジング料の中にはクレンジング後の洗顔が不要となっているものもありますが、基本的にはクレンジングが終わったら洗顔をします。

クレンジング料と洗顔料を比べると、圧倒的にクレンジング料の方が肌への負担は大きくなります。

そのため、クレンジングではメイクをおおまかに落とすだけに留め、すみずみまできれいにするのは洗顔に任せるというのがメイク落としの理想形です。

クレンジングだけでメイクを完璧に落とそうとすると、その分時間がかかり肌へのダメージは計り知れません。

「クレンジングと洗顔のセットでメイクを落とす」と考え、クレンジングに不要な時間をかけないようにしましょう。

「正しい洗顔ってどんなやり方なんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?洗顔とは、肌にとって必要不可欠なケアのこと。正し...

3. 間違ったクレンジング

ちょっとしたやり方を間違えるだけで肌トラブルの原因になってしまうクレンジング。

クレンジングで注意する点や思わずやってしまいがちな間違ったクレンジングをご紹介します。

① クレンジング料は適量を使用する

クレンジング料は必ず製品に書かれている適量を手に取ることが大事です。

もったいないという気持ちもわかりますが、少ない量でクレンジングを行うと肌への摩擦が強まってしまいます。

余計な肌トラブルの原因になりますので、クレンジング料はしっかり適量を使いましょう。

② 時間をかけすぎない

クレンジング料を肌に乗せている時間は最小限に留めることが大切です。

目安となるのは1分程度と言われていますが、クリームタイプやミルクタイプ(クリームに近いタイプ)ではメイクと馴染むのに数分かかるものもあるので一概に1分で済ませるのが良いとは言いきれません。

それぞれのクレンジング料に適した最短時間でクレンジングは終えるようにしましょう。

完璧に落とそうと思うのではなく、のちの洗顔ですみずみまで落とすということを心がけてくださいね。

また、クレンジングをしながらついでに顔のマッサージをするのもよくありません。

クレンジング料が肌に乗っている時間が長くなるだけでなく、顔全体に圧力をかけることになるので肌への負担が非常に大きくなります。

マッサージはクレンジングと洗顔が終わった後で、専用のマッサージクリームを使用して行いましょう。

③ メイクをしない日はクレンジングもしない

日課のようになってしまうクレンジングですが、メイクをしなかった日はクレンジングの必要はありません。

メイクの乗っていない肌にクレンジングをしてしまうと、肌にとって必要な皮脂を落とすことになり乾燥しやすくなってしまいます。

埃や汗などの一日の汚れは洗顔料で十分洗い流すことができますので、メイクをしなかった日はクレンジングをお休みするようにしましょう。

4. クレンジングの選び方

すでに紹介したように、たくさんの種類があるクレンジング料。

やはりご自身に合ったクレンジング料を使いたいですよね。

ここでは肌質やメイクなどシチュエーションに適したクレンジング料の選び方をご紹介します。

乾燥肌・敏感肌の方

肌が乾燥しやすくて悩んでいる方にオススメなのはズバリ「クレンジングクリーム」です。

逆に、肌の皮脂まで落としてしまうオイルタイプやリキッドタイプは絶対にNGです。

クリームタイプのクレンジングはテクスチャーが泡のようになめらかになっていて、クレンジングの際の摩擦が最も少ないので肌への負担が少なくて済みます。

さらに、界面活性剤の量も少ないので皮脂を落とす力も小さく、まさに乾燥肌や敏感肌の方のためのクレンジングと言えます。

クレンジング料がメイクに馴染むまでに4〜5分かかるので、ほかのクレンジング料と比べるとやや丁寧にクレンジングをする必要がありますが、それでも数分の違いでしかありません。

肌のことを考えるとクリームタイプが一番適しているといえるでしょう。

「数分の手間も省きたいけど肌に優しいものが良い」という人にはクリームに近いミルクタイプのクレンジング料がオススメです。

クリームタイプよりもメイクに馴染むのが早いため素早くメイクを落とすことができます。

また界面活性剤の量も少なめなので、肌への負担も少ないクレンジングが可能です。

ただし、ミルクタイプにはリキッドタイプに近いものもあるの、「クレンジングミルク」の表記だけで選ばずに、販売員の方と相談するなどして肌に優しいものを慎重に選んでくださいね。

オイリー肌の方

皮脂が多い方はしっかり落とせるオイルタイプのクレンジングを選択しがちですが、皮脂は洗顔で落とせる汚れなのでオイルタイプを使用する必要はありません。

むしろ、オイリー肌の方はクレンジングによる乾燥にあまり敏感にならなくてもよいのでクレンジング料の選択肢は多くなります。

クレンジング料の選択はメイクの濃さで決めればよく、しっかりメイクならオイルタイプ、ナチュラルメイクならリキッドタイプなどが良いでしょう。

ただし、オイリー肌の中でも皮脂が原因で炎症やニキビができてしまっているなど、オイルとの接触を避けなければならない状態であればオイルタイプは厳禁です

その際はオイルフリーのリキッドタイプやジェルタイプを使用しましょう。

まつ毛エクステを付けている方

まつ毛エクステは油性の接着剤で接着しているので、油分が含まれたクレンジング料を使用してしまうと取れやすくなってしまいます。

せっかくのまつエクがすぐに取れてしまってはもったいないので、オイルフリーのリキッドタイプやジェルタイプを使用しましょう。

肌が弱い方は目元だけはリキッドタイプでさっと落とし、そのほかの部分はクリームタイプで落とすなど、部位によって使い分けるのも効果的です。

迷ったらコレ!

クレンジング選びに迷ったら、クリームタイプのクレンジング料がオススメです。

とにかく肌に優しく、万人に合うクレンジング料であることは間違いないありません。

よほどの濃いメイクでない限りきっちり落とすことができますし、とりあえず買ってみるならこのタイプが良いでしょう。

油に対して過敏反応がある方は使用することができませんが、ほとんどの場合でクレンジングを満足させてくれるはずです。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。

クレンジングは「どんなクレンジング料を使用するか」を選ぶところからすでに始まっていると言えます。

テレビCMでやっているから、人がオススメしていたからといった理由で簡単に選ぶのではなく、それぞれのクレンジングの特徴を理解したうえで自分の肌質やメイクに最も合うクレンジング料を選ぶことが大切です。

正しいクレンジングをおこなうことで初めて肌を美しく保つことができるのです。

メイクのたびに必要なクレンジングですから、自分の肌のことを第一に考えてケアするように心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: ごめんなさい!コピーはできません。